桜のさし木

 
趣味
桜のさし木

ペットボトルを使ったさし木

ペットボトルを使ったさし木に挑戦です。

 さし木に選んだのは、日本を代表する「桜の木」です。

 

まず、ペットボトルを分割します。栓に穴をあけ排水できるようにします。上部を逆さにして下部に挿せば、水をやっても下部が受け皿になります。

 

若い桜の枝を用意

若い桜の枝を10CM くらいにに切り、3時間ほど水に浸しておきます。

 

ピートポット

ピートポットに土を入れます。根付いたらそのまま植えられるようにピートポットを使いました。

 

挿し木の用土は鹿沼土

挿し木の用土の土には、挿し木には適しているといわれる「鹿沼土」を使いました。

 

発根促進剤

成功率を上げるため発根促進剤「ルートン」を根に塗り、あらかじめ湿しておいた鹿沼土に挿します。

 

前もって指し易い様に、棒であなを開けておくといいでしょう。

根が張るまでには、1~3か月かかるとのことです。

 

 

 一口メモ 

この後、半日陰で管理します。さくらの挿し木には6月中旬から7月中旬が適しているようです。

 

 

6月上旬に挿し木した「さくら」

6本挿し木し、4本は葉が落ちず頑張っています。(7月18日)

残念ながら2本は枯れたようです。

で、ペットボトルのキャップをとってみると、「オー」、この通り「根」が出ています。

 

こちらはこんなに長くなっていました。


天気が回復したら、鉢植えに挑戦です。

 

植木鉢に植え替えました。最初は、もう少し大きめの鉢を想定していたのですが、順次大きくしていった方が、正解とのことで、ダイソーに行って「6号鉢」を買ってきました。

(赤玉小粒6対腐葉土4の割合)

 

後は、水やりに注意しながら、管理していく予定です。

 

6月初旬に挿し木した一鉢に新しい葉っぱが芽を吹きました。(8月10日)

 

 

ひと冬越、桜の季節になりました。残念ながら花は咲きませんでしたが、新しい芽が出てきました。(4月10日)


原木にも新芽が散見されるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
記事はありませんでした
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )